習慣と思考法を学んでMISSION(ミッション)を育てよう

キミの人生に必要な習慣と思考法を習得しよう

習慣と思考法でキミの人生が変わる理由

<% metaKeywords %>

 

ボクたちが持っている習慣のイメージってネガティブだったりしませんか?

 

悪い習慣はかんたんには変わらないことで、良い習慣はすぐには身につかないもので、だから自分は自分のままで、人生はそのまま変わらないものなんだって思いこんでいるんじゃないですか?

 

キミはどうですか?

 

ボクはずっとそんな風に考えていました。良い習慣を身につけて人生で成功する人は特別な人で生まれ持って努力できる、良い習慣を身につけている、習慣は生まれつきの才能なんだって考えていました。それってただぼんやりと習慣のことを捉えていて、努力や根性のような才能なんだって思いこんでいたんです。

 

でも、習慣っていうのはスキルなんですね。スキルっていうのは、例えばキャッチボールみたいなもんで生まれつきすぐにはできない、でも毎日ボールを投げること、ボールを受けることを繰り返していたら、キャッチボールができるようになります。そして、さらに毎日キャッチボールを続けていたら、キャッチボールが上手になっていきます。投げるボールはいつも相手の胸に届けられますし、ボールを受けるときのグローブさばきも軽やかになっていきます。

 

習慣もそうなんです。好きなことなら毎日できますよね。これは習慣のスキルが低くてもできることなんです。でも苦手なこと、ボクなら本を読むことは苦手なんですけど聴く読書を始めることで紙の本も読むことができるようになって、毎日、少しでも読書することができるようになりました。

 

習慣がスキルであると捉えることができると、分解することができますよね。まず習慣ってどんなスキルか知ることが必要ですし、習慣のスキルを実践する方法があるってことです。じゃあ習慣ってどういうことかっていうと、アイデンティティーを持つことが習慣が身につく状態ってことなんです。アイデンティティーっていうのは、ボクは〇〇な人間であるって考えている状態なんですね。

 

さっきのキャッチボールの話でいうと、僕は毎日キャッチボールする人間から始まって、キャッチボールが好きで毎日やってないと気が治まらない人間になって、そのうち僕はキャッチボールが得意な人間であるってなっていくんですね。状態の変化にともなって、ボクは〇〇な人間であるっていうことが変わっていっていくのと、あと今の状態のちょっと先のことを、〇〇な人間であるって考えているんです。キャッチボール好きなボクは、好きだから毎日キャッチボールやるっていうより、毎日やりたいって思うから毎日同じことを続けるんですよね。

 

これを好きじゃないことにもあてはめるんです。僕は毎日、読書をする人間であるって考えるんです。

 

いまキミはそれって無理って思いました?

 

根性論とか、無理なことは無理なんだよって思いますよね。もちろんボクもずっとそう考えていて、だからアラヒフになるまで読書なんて3日坊主で、本なんて買っただけで満足しちゃって読み切ったことなんてないんだよねって、へらへらしながら自虐ネタのようにいつも放言していました。でもそれって習慣のスキルを知らなかったからなんです。

 

習慣のスキルはアイデンティティーだって先ほど説明しました。これは、「習慣のスキル」の知識のすべてではなくって、まだ続きがあるんです。習慣にはアルゴリズムっていうのがあるんです。習慣のアルゴリズムですね、これは4つの要素からできているんです。気づき、欲求、反応、報酬ですね。

 

どういうことかっていうと、報酬が大切でよくある馬に人参作戦ですよね。馬の目の前に人参をぶら下げておくと、馬が走っていくってやつですね。ご褒美を与えると人間やる気がでるじゃないですか。でもそのご褒美は人それぞれですし、身につける習慣の難しさによっても違ってきますよね。好きなことを毎日やるってことだったら、あえてご褒美をあげなくっても、そうキミが好きなことだったら上達したい一心で毎日つづけられますよね。お金とかじゃなくって、上達するっていうことがご褒美になるんですもんね。

 

嫌いなことだったらそうはいきません、上達したってしょうがないよ、だって嫌いなんだもんってなちゃいますよね。でも上達したら100万円が手に入るとしたらどうでしょう、上達したら新車を買ってもらえるとしたら? ―――そうなんです、習慣のアルゴリズムの「気づき」は報酬があるってことを分かるというか、魅力的な報酬であるって思えるか、どうかっていう報酬がポイントだって知ることなんです。魅力的な報酬だって気づいたら、次はその報酬が欲しいってなりますよね。これは人それぞれに対応するところで、お金に興味がある人もいますし、モノに興味がある人もいますし、人に興味があるっていうケースもあるんですね。これは報酬を考えるときに、工夫することが必要だってことですよね。

 

でも、「欲求」っていう要素もあって、習慣にしたいことの難易度に応じて報酬の魅力をあげていく必要があるってことなんです。お金で例えるとかんたんで、大っ嫌いな読書を毎日つづけられるようになったら、3ケ月つづけられたら100万円ゲットできるなら、ボクは毎日読書できちゃいますね。それが1000円だったらどんな結果になるか想像つきますよね...そういうことなんです。

 

それでも、どんなに魅力的な報酬があったとしても、絶対できないって考えていることだったらいくらお金が積まれたとしても、とにかく頑張ったとしても、実現しようがないですよね。心のおくでは絶対できないって思ってしまっているんですもんね。このケースが結局、習慣だけでは解決できないこともあるよねってなってしまうパターンなんです。でも、このパターンでも思考法をとりいれることで習慣にできてしまうってことなんですよ。習慣を分解して考えたようにやりたいこと、たとえば夢も分解してみることです。ぼんやり描いている「やりたいこと」は、実現できないです。だって具体的ではなくってイメージでしかないですから何すればいいか分からないんですもん。

 

やりたいことを具体的にするとき、思考法が役に立つんです。思考法っていうのは、論理思考、仮説思考にはじまり、ラテラルシンキングが基本的な思考法になります。論理思考は情報を分解していってキミが捉えられる理解できるレベルにまで分解していく考え方をもとめてくれています。この論理思考を使えば、夢を具体的に捉えることができるようになるんです。そしてその現実とのギャップに絶望することができるんです。

 

絶望って悪いことじゃないんですよ。問題が具体的に捉えられたスタートできる状態なんです。この状態で仮説思考を使うんですね。具体的になった夢をかなえるまでのストーリーを作っていくんです。現状できていないことを把握しながら、その次のステップではどうなるか、どんなことが必要か、どうするかを考えて明確にしていくんです。これって脳に必要な情報がなにかをインプットしていくことも、目的の1つなんですね。脳って素晴らしい機能をもっていて、気になることを勝手に情報収集してくれたり、考え続けてくれる特長を持っていいるんです。これはどんな人も持っている機能なので活用しないと損しますよ。経験によって得られる成果はもちろん異なりますけど、ずっと続けていけば経験値はあがっていくわけで、脳の成長は止まりませんからどんどん吸収していってくれるので、ご安心してください。

 

そしてラテラルシンキングっていうのは絶対できないっていう思い込みを取りのぞいてくれる思考法なんです。成功している人の二番煎じの狙い方とか、キミがいつも犯してしまう過ちへの対策を提案してくれたり、常識のウソを気づかせてくれるんですね。もちろん思考法はこれだけではなくって、デザイン思考とかエッセンシャル思考、あと成功している人たちのなかで情報発信してくれている人の考え方、生き方をそのまま思考法として捉えることもできます。成功している人のマネをするっていうのは、そういうことで思考法としてまとめてしまうんですね。

 

ここまで考えてみると、夢はかなえられるんじゃないかって思えるじゃないですか。

 

でも、まだ大事なことはお話ししてないんです。ここまでのお話しは手段についてのお話しだってことなんですね。キミは、もう気づいているかもしれませんね。

 

つづいて、ここまでお話ししてきた手段を使って人生をどうやって変えていくのかっていう根本的なお話しをしていきたいと思います。

 

 

人生を変えるにはミッションが必要

 

<% metaKeywords %>

 

人生ってなんだと思いますか?

 

人生に意味があるのか、生まれてきて生きていることが人生そのものなんだから楽しく過ごせればそれでいいって考えていて、人生に意味なんてないって言う人もいるでしょうね。でも、好きなことだけで生きていくのもなかなか大変でお金がないと好きなことはできないから、人生はお金がすべてっていう人もいますよね。お金がすべてって言いながら、お金に執着するあまり人の道を踏み外して犯罪に、はしってしまって人生が終わってしまったって嘆いている人もいます。そうすると人生っていろいろってこと...なんでしょうか?

 

この悩みの答えは、あの名著7つの習慣から得ることができるんです。答えはキミの人生の最後の瞬間を思い描いてみることなんですね。それは死の床についたときのこと、キミの傍にいてくれる人は誰なんだろうって考えてみるんですね。まだまだ若いキミだったら想像するのはけっこう難しいのかもしれないのでボクの思い描く人生最後の瞬間をヒントにしてみてはどうでしょう。ボクは学校を卒業してSEとして30年、会社員を務めていて妻子を持ちマイホームも建てアラヒフになるし、大病も経験していて死の瞬間を経験しているからリアルに死の床をイメージできます。それに結婚後の生活を経験しているサラリーマンという平凡な一般的な人生を長く経験しているし、まぁ大人の恋愛なども経験しているわけで、人生最後の瞬間に誰と、どんな会話をしているのかリアルに、しかも選択肢も一択ではないです。そんなボクの人生最後の瞬間はやっぱり普通に家族と過ごしている姿を思い描いていて、涙ながら談笑している光栄が脳裏を流れていて、心のなかはチャレンジした自分自身に満足していて自分の生涯に悔いはないから笑顔がこぼれているんです。

 

人生は趣味であり、チャレンジすることに意義があって大事な人を幸せにすることで自身も幸せになれる、そんな有意義な時間の積み重ねが人生なんですね。ボクが思い描いたゴールに向かって、キミが持っている夢を実現するためにスキルを磨いて経験を積み上げていくことが人生なんです。その夢を実現するとき思い描いた姿がビジョンで、夢をかなえる想いがミッションなんです。プロ野球選手になりたいって夢をかなえようって考えたとき、子どもの頃なら野球が上達するためにひたすら練習に打ち込むことで夢に向かっていけます。でも小中高と進んでいくなかで甲子園に出場できていない現実、レギュラーになれなかったキミの姿があってプロ野球選手にはなれない現実を理解する過程でキミが得意なことを探していくことになるんです。たとえば野球の練習を積み上げる中でトレーニング方法を熟知してコーチングのスキルが身についているとしたら、キミ自身がプロ野球選手になるのではなくってプロ野球選手を育てる道が見えてくるんです。夢は1つではなくて現実と照らしあわせ変えていくことができるもので、夢をかなえる想いであるミッションは常に見直して成長させていくものなんですね。

 

このミッションという得体の知れない想いを理解することでキミはどんな夢でもかなえることができるんです。なぜって?、ミッションは夢をかなえる想いだからです。ミッションを理解するために、ミッションを作る7つのヒントを箇条書きにし解説を簡潔にまとめます。ミッションを明確にするにはキミの日頃の行いから自分自身のことを知ることから始まるので、この7つのヒントをチェック項目にして取り組んでいくことをおすすめします。もしキミがこの部分をもっと詳しく知りたいなら、岩田松雄著書ミッションを読んでください。ミッションを作る7つのヒントはこの本からの抜粋になります。

 

  • 働き方ではなく、働く目的を考える
  •  

  • 自分、ミッション、会社は三位一体で成長する
  •  

  • 「私」を無くす
  •  

  • 3つの輪は何か考える
  •  

  • ミッション探し、自分探しの旅はずっと続く
  •  

  • 自分の存在を肯定する
  •  

  • 「自分はまだまだ」の気持ちが成長を加速する。

 

では、ミッションを作るための7つのヒントの解説になります。ミッションについて繰り返し考えることでキミの夢が現実に近づいていくことが実感できることでしょう。人生の進むべき道が分からなくなったり、なにか困難なことに見舞われたときには、この7つのヒントでキミ自身に問いかけてみるんです。きっと解決策を見つけだすことができます、そしていっそう夢に対する想いが強くなることに気づきます。それが成長するっていうことなんですね。

 

 

働き方ではなく、働く目的を考える

 

ボクたちは人として生まれてきてミッションを持ち、その達成のために生きるのであって、会社員であろうが、フリーランスであろうが、それは大した問題ではないんです。ミッションを作って育てていくときは、悩みはつきもので成長している証なんです。

 

 

自分、ミッション、会社は三位一体で成長する

 

きっかけはお金儲けでも、有名になりたいってことでもいいんです。今の時点でミッションがなくても落ち込む必要はなくって、キミが生かされている理由からミッションを探し続けることが必要なことなんです。キミの行動はどこかでキミのミッションにつながっているってことが分かったときはきっと驚くことでしょう。

 

 

「私」を無くす

 

私利私欲に走らないこと、もし今そうではないと感じるのなら一度立ち止まって考えてみることが重要です。キミの気持ちが「世の中をよくするためだ」って思える方向に進むためにはどうしたらいいのか、考えてみましょう。

 

 

3つの輪は何か考える

 

有名なビジョナリーカンパニーのハリネズミの概念のことです。3つの輪っていうのは、「情熱を持って取り組めること」(好きなこと)、「世界一になれること」(得意なこと)、「経済的原動力になるもの」(人のためになること、つまりお金になること)です。この3つの輪が重なっている部分にミッションがあるということです。

 

 

ミッション探し、自分探しの旅はずっと続く

 

ミッションっていうのは変わり続ける、成長しつづけるもので、キミが生きている限りずっと考え続ける必要があるんです。だから変わることを躊躇することもないですし、むしろ成長すれば変わるものなので3つの輪を意識して更新していくことが大切なんです。

 

 

自分の存在を肯定する

 

自己肯定は基本です。キミの人生はキミがすべてなんで責任を持つかわりに自由を得られると考えミッションを探して成長していきましょう。キミの内なる心の声に耳を傾けるんです。

 

 

「自分はまだまだ」の気持ちが成長を加速する

 

ミッションを更新し続けることができるのは謙虚であることです。学びに貪欲であるには素直な心を持ち、高みを目指し謙虚であることが成長するための心掛けであることを肝に命じることです。

 

 

どうですか?、この7つのヒントと照らしあわせた今のキミの気持ちは清々しく進むべき道がうっすらとでも見えてきているのなら幸いです。まだまだって感じていてもミッションについて考える価値があるって思ってもらえているなら十分です。これからボクといっしょに夢を目指して生きていきましょう。このミッションを考えるとき、楽しく生きるコツとかっていう手段ばかりを考えるのではなくって、在るべき自分になるっていう原理原則を大切にしようってことなので人生の本質になる部分だから簡単そうで難しいことなんです。だから焦らずコツコツと続けていくことでいつの間にか以前の自分とは見違えていることになっているのでご安心くださいね。

 

 

ミッションってどうやって決めるのか

 

<% metaKeywords %>

 

とはいえ、ミッションって実際どうやったら見つかるのか、育てていくのかって気になりますよね。

 

ミッションのはじまりはキミが持っている夢になりますよ。子どもの頃って将来どんな人間になりたいって夢を持っていませんでしたか?

 

たとえばボクなら救世主で、この夢はだれにも話していませんし、小学校の頃の作文にも書いていません。そんなみんなに公表するような夢は適当にその場で考えたやつでした。本来なら素直に自分の夢を公言してその夢にむかって努力していくのがベストな選択なんですけどなんとなくヒーローになりたいって思っていることを夢として公表なんてできないですもんね。そうなんです、ミッションはそんな秘かに思っている本当の夢をチョイスして実現する方法を考えていくんです。

 

ボクの救世主になるというミッションは秘かにずっと思いつづけてきたんですけど、それをどうやったどんな風に実現するのかっていうところにはなかなか結びつかなかったんですね。北斗の拳みたいに世紀末の舞台はやってきませんし、ボクは拳の達人ではないですしね。

 

秘かに思いつづけていたボクのミッション、救世主になることがビジョンと結びついたのはつい最近のことなんです。その経緯をお話しすると時間がいくらあっても足りなくなるのでここでは省略しますけど、今ボクはビジョンとして村長になることを掲げています(笑)

 

ワーケーションを目的とするリゾート運営にWebマーケで関わるんです。マーケティング担当として村長というポジションを担おうかなって勝手に考えています。このリゾート運営ではスタートアップや働く人たちがリスタートする場所であり、ターゲット層として海外の富裕層も取り込むことで自衛都市の仕組みを構築していくんです。そうすることで将来に日本が元気をなくしたとしても独自に資金を運用できることで日本の若者たちを育成し海外への橋渡しができるようになるんです。このビジョンがボクの思い描いている救世主を実現化したものです。もちろん、まだまだ妄想は変化し成長していくんでしょうけど、ようやくボクのミッション、秘かに思っていた夢が具現化できたんです。

 

ってこんな感じでミッションが定まり、変化して育成していくものなんです。半分は妄想なんですけど、先日Voicyでイケハヤさんがビジネスモデルを構築することは妄想だっておっしゃっていたので、全然問題ないってことですよね。

 

キミにも何かやってみたいことはあるんじゃないんですか?

 

いいんですよ、誰かにお前になんか無理って言われちゃうことが気になるんでしょ。常識なんて過去の経緯から作られた単なる縛りなんで気にする必要なんかないんですよ。だって今の世の中はテクノロジーの進化によって人間の予測を上回るスピードで成長しているんですもん、常識なんかじゃ推し量れないんですって。だからチャンスなんです、言ったもん勝ち、やったもん勝ちなんです。そんな素晴らしい時代になっているんですよ、現在って。

 

 

習慣と思考法で遊びを目指すために必要なこと

 

<% metaKeywords %>

 

いまは遊びが仕事になる時代でもあり、真面目に仕事をしても大したお金にならない時代でもあるんです。価値が評価対象になってきているんでどんなにまじめに仕事をしても誰かの役に立たないことだったら評価されないってことなんです。とてもストレスのかかる時代ともいえますよ。今まで通りにやっているのに評価されなくなってしまったんですから、どうすればいいのってなりますよね、常に変化を求められているんです、ボクたちってね。

 

この辺りの対応方法っていうか、理屈を知るためには、脳科学がおすすめで人間の脳の特徴を捉えることでこの急激な時代の変化にどうやって対応したらいいか分かりますし、学習方法だって学ぶことができるんですよ。もう常識なんて通用しなくなってしまってますから、自分でどうするか判断して進む道を決めていくことを求められるようになっているんです。

 

まあでも一から自分で考える必要はなくって先進を行く一流企業から学ぶとか、あとインフルエンサーの情報にコミットするとか方法はいくらでもあります。もちろん本からも色々学ぶことができますしね。

 

ストレス発散というか心を整えるための手法としてマインドフルネスですよね。これは古来から日本にある瞑想が由来となります。本家本元はインドになるんですけど中国を経由して日本に伝わり、日本でも独自に育まれてきてるんですね。ちなみに中国では瞑想は途絶えているんですけど、あれは国民性をみれば理解できますよね(笑)

 

ちょっとミッションの話からそれてしまいましたが、時代の急速な変化は弊害ももたらせますけど対処する方法はあって、もっと言うと大きなチャンスをボクたちにプレゼントしてくれているんだよって言いたいんです。

 

 

ミッションを叶えるために習慣と思考法が必要な理由まとめ

 

<% metaKeywords %>

 

さてミッションを実現するためのビジョンを探し出すにはキミのなかで妄想をねって膨らませて形になりそうなビジネスにつなげていくことが必要ってことが見えてきましたよね。その道のりはとにかく障害物が多くてオワコン化した常識だったり、常識にとらわれた周囲の人たちからの制止だったりですね。だからミッションを強くするために成長させていくことが必要で、これには習慣のスキルが重要なんです。

 

先にも説明したアイデンティティーですね、ボクは〇〇な人間であるっていう考え方で、この考えにのって行動していくことが大切なんです。ここでもう1つ加速するための考え方を説明します。強運についてです。これは斎藤一人さんの著書でもあるんですけど、強運っていうのはいつもちょっと上のことをめざして行動していることで起きる結果のことなんです。単なる運がいいっていう強運ではなくって継続して行動することで得られる結果は成功あるのみなので強運ってことになるんです。これが習慣のスキルが発揮する最上位レベルの効果なんですね。

 

本を読んだり、読んだ内容について考えてみることで学んだことがつながると自分だけの応用ができるようになって、それがミッションを育てることに役立ったり新しい道が見つかりビジョンへの近道や抜け道になるんです。

 

思考法もう同じで、習慣を理解するために仮説思考だったり、基本となる論理思考もキミが自分で学んでいかないと誰も教えてくれないんですよ。学校の授業なんかでも教えてくれません。秀才タイプの人なんかは親御さんから学んだりしていたんでしょうね。本を読む習慣があれば学ぶチャンスはあるわけですからね。

 

思考法についても記事化していますので目を通してもらえたらキミのミッション探しやビジョンづくりの足しのお手伝いができるので、ボクが喜びます(笑)

 

ボクはミッションを見つけるのがアラヒフになってしまいましたが、その思いは小学生の頃から抱いていたことでずっと成長できていなかったことに驚きを感じています。ここまでくると遅すぎたことにも後悔はなく、ミッションとして認識できたことに喜びを感じているんです。だって救世主になるなんてほんと妄想じみた幼稚な考えだって思うじゃないですか。それがWebマーケのスキルを身につけ、ワーケーションを目的としたリゾート運営を実現することで夢がかなうってことにつながっているんですよ。

 

やっと進むべき道が定まったってことで毎日が充実してきています。

 

キミにもこの思いを体験してほしいと切に願っています。

 

 

2020/4/12 公開
2021/5/4 更新

 

 


関連ページ

7つの習慣でキミの人生が変わる
「7つの習慣」はキミの人生を豊かにするためにボクたちの状態を、依存・自立・相互依存と成長させてくれる。 はじめの3つの習慣「主体的になろう」、「ビジョンを持とう」、「重要なことからやろう」【これは】依存→自立へと状態が変わる。つぎの3つの習慣「Win-Winになろう」、「相手を知ろう」、「シナジーを得よう」【こちらは】相互依存の状態に導いてくれる。そして最後の7つめの習慣「自分を磨こう」【PDCA】6つの習慣を持続し成長しつづけることを示してくれる。
複利で伸びる1つの習慣
『人生を変える習慣』の知識をインプットして、実践方法まで学べるのが、複利で伸びる1つの習慣です。最小習慣で、たとえば、1日1%アップを積み上げていけば、1年後には、3780%が保証されるわけです。いまのキミが持っている実力値が37.8倍になるという超お得な情報なわけです。つまりキミもスーパーサイヤ人になれるっていうこと。
脳科学で習慣を変える
「人間の取説」とはよく言ったものだと感心させられました。_脳科学で得た知識により、脳を知れば知るほどに納得です。_こんな素晴らしい情報は、まき散らさないと人類の損失になる。_そう思ってます。
瞑想の習慣をおすすめ
瞑想を習慣化して、毎日脳をリフレッシュすることをおすすめします。くよくよ、イライラがなくなり体調も整います。体と心のメンテナンス効果がある上にさらに記憶力や発想力が向上して脳の能力アップに効果を発揮します。
ビジネスで習慣にしたい心掛け3ヶ条
ビジネスマンとしての自覚もないサラリーマンは習慣には興味も示さない。時間をムダに浪費し悪習慣を撒き散らす。嫌われる勇気を発揮しビジネス習慣に従いビジョンを目指す人を応援します。いっしょにがんばりましょう。
習慣を変えるコツ
習慣を変えるコツが分かってしまえば人生は確実に変わりますよ。え?難しいんでしょって思いました?習慣を変えるコツはたった2つです。アイデンティティーとアルゴリズム4工程が分かれば9割9分OKです。
思考法まとめ
思考法というのはビジネスシーンだけではなく、日頃の生活の中においてもさらに人生を幸せにするためにも必要な基本的な考え方になるんです。だから思考法を知らない人は様々なトラブルにあっても右往左往するだけで問題解決できないまま不幸を背負っていくばかりの損な人生を歩むことになるんです。耐えるだけが人生ではなく幸せは自ら問題を切開いて招き寄せることを教えてくれるのが思考法なんですね。
人生やり直し40代からのロジカルシンキング
2001年に初版発行のロジカル・シンキングを今更ながら読み解きました。その心は、まだまだロジカルシンキングできていない人は多いから。そしてちょっと学習するだけで身につけることができるから。そうすれば人生を変えることができるから。
イシュードリブン
やるべきことが1/100になる。問題を解決する考え方として話題になった思考法です。ロジカルシンキングと比べられたりしていますが仮説思考の実践形です。問題に対するアプローチをイシュードリブンと明確にして科学的に説明しているため具体的で理解できます。
50代で人生やり直しできる仮説思考
人生をやり直すには年齢は関係ないとは言うけれどそれはやはり限られた人間に言えること。ただし限られた人間とは言っても特殊能力を持つ必要はなくて、いくつかのスキルを身につけた人間である。その必要なスキルの1つがこの仮説思考である。
感性ポテンシャル思考
日本文化は感性が豊か過ぎるために日本人は感性を持て余している。感性を神格化しすぎているのか感性に訴えた発信には臆病でビジネスチャンスを逃している。この点に注意するだけで日本では成功できる。
SISUで(幸福度×効率)アップ
日本が働き方改革をおこなった理由はこれまでの社会構造を維持できなくなるから。 抜本的な改革が必要だったからだけど成果はあがっていない。 時短ばかりがピックアップされて経済がしぼみ始めている。 しかもこのコロナ不況で壊滅的なダメージをうけて日本社会は破滅するかもしれない。 その3本柱をなんとかできるのが 「SISU」。 この「SISU」について解説したい。
予祝で成功する理由
日本古来からある前祝のこと。_大きな仕事を始めるまえに、成功を誓う意味合いのもと宴を開いたりすることです。_ただ皆で呑んで騒いでいるだけでは意味はないですよ。_始めるまえに成功体験してしまうことが大切なんです。_重要なのは、脳に強烈な成功体験をイメージさせること。_成功体験の一環として祝賀会までやるっていう発想です。
自己肯定でビジョンを実現する方法
自己肯定力は言い訳知らず。 本音はみんな自己肯定。 楽しいと感じるのは誰? 悲しいのは? 辛いのは? 苦しいのは? 自分の問題でしょ? じゃあなりたい自分を目指して頑張れない? この世の中にはチャンスとチャレンジしかない。 自己肯定力を復活させましょう。
想いを叶える基本法則
世界を変える! 政治もそうだし、起業家も同じです。 国に仕えて国政を正すこと、ビジネスを起こして社会に貢献することも、世界を変えることに通じています。 そんな大事を起こすとき、成功するための基本を説明しております。
メタ認知で人生逃げ切り脳
脳科学の進歩は人間の可能性を無限大にしてくれます。_なぜなら、いままで気づけなかった自分の秘めたる能力を教えてくれるから。__自分への質問のコツをつかむだけで、人格が変わっちゃうくらい、思考が高まります。_本を読むだけでは変わらないですよ、まず変わりたいと思うことからです。_私と一緒に変わりましょ♪
人生激変するちきりん式思考法の習慣
有名ブロガーちきりんさんの思考は天才的でマネできないと怖気づくほどパワフルです。ちきりん式思考法を習慣化して簡単に人生を変えちゃいましょう。無理じゃなくやってみればできるもんなんですってば。
ホリエモン思考でホリエモンボット
こんな誤った教育や慣習にハマってないですか?趣味を仕事にしたら人生がつまなくなる。学校に行ってればなんとかなる。まじめに仕事をしていればなんとかなる。素直に楽しく生きよう。
人生やり直したい20代のThinkClearlyツイート
ThinkClearly最新の学術研究から導いたよりより人生を送るための思考法の全52項目をあなたのツイートに取り入れてみませんか? アウトプットすることで良いインプットが得られます。これであなたの人生もよい方向に進むこと間違いありませんよね?
人生は自分でドライブしよう
習慣化を変えてビジネスを成功に導く。他責思考から脱却して人生をドライブできる能力があると知ろう。ビジネスで必要な情報編集力を学習し習慣化すること。情報編集力はビジネスで必要なコミュニケーション、ロジカルシンキング、シミュレーション、ロールプレイ、プレゼンテーションの5つの力で構成する。この情報編集力を習慣化して人生をドライブできるビジネスを手に入れよう。
おすすめセルフコーチング習慣
習慣としておすすめがセルフコーチングです。自分自身へ語りかけ、自問自答することがセルフコーチングです。これってみなさん何気なくやってますよね。それを意識してちょっとしたコツを知ることで、人生を変える習慣にできるんです。
プロから学んだ問題解決の方法
PDCAをまわす、仮説思考など、ビジネスフレームワークに関する情報は、世の中に溢れています。_本を読んでも、ググってみても分かった気にはなってるだけ。_すぐに行動に移すことが必要なんです。_私も頭でっかちになりがちなので、記事にアップし毎日スマホ画面を見ながらPDCAを廻してみようと思い、作成してみました。_みなさんもご一緒に、いかがでしょうか?
高収入より利他の心で起業の道
自己中心的な人と仕事をしていて楽しいですか?_利己的な人は、他人のてがらを横取りしてしまうかもしれいない。__もう自分勝手な人には近づかないほうが良いかもしれません。_あなたの心が汚れ疲弊してしまうかもしれない。
休日料理でリフレ脳トレ
あなたのストレス解消法はなんですか? 「料理」と答える人も少なくないはずです。 私もそのなかの1人です。 いくつもの材料を組合せ、成果をあげる達成感も味わえます。 また脳科学で、料理をすると脳が活性化することが実証されています。 ストレス解消ができ、脳トレ効果まである料理。 週末のルーチンとしておススメです。
ヴァカンスとシステムD
アムールはフランス語で愛情を意味します。 アムールを深く追求し、良いところを取り込んでいます。 そのなかで、人生をいかに、美しく楽しく生きることができるか。 この考えが大事であることに気づかされました。 自立心と、困っている人は助ける。 この二面性。 個人主義であれ。
スキマ時間のアプリ活用方法
ビジネスマンやってると会社の都合に振りまわされて、一週間なんてあっという間に過ぎちゃいます。 そして一週間を振りかえると、あんなにがんばったのに、満たされない現実。 副業する時間もつくれない。 ストレス発散するためにお酒を呑んじゃう。 そのまんまじゃ会社にすがって生きていくしかなくなっちゃいます。 毎日のスキマ時間に作業を積み上げて、週末のまとまった時間で成果をあげる。 結果を残すことでモチベーションもあがる。 そんなグッドサイクルを作ってみませんか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム プロフィール 習慣 副業