50代を迎える人生のやり直しに必要な仮説思考を解説

50代で人生やり直しできる仮説思考

50代から人生やり直しできないで情報洪水で溺死する......に注意

50代,人生,やり直し,仮説思考

この記事はAmazonオーディブル版「仮説思考」を聞きまくり、仮説思考とは何であるかという知識からどうすれば仮説思考を取り込めることができるのかという実践方法までをまとめあげています。著者である内田和成さんのコンサルティングとしての20年の経験が注入された素晴らしいメソッドをあなたにインストールことができますので、いっしょに学習していきましょう。

 

では解説します。

 

インターネットの普及により必要な情報やモノを見つけ出すことができる便利な世の中になった。その反面として不必要な情報が集まり情報洪水に流され情報の海で溺死してしまうなんてことも起こりうる。

 

具体的にどういうことか説明すると傾きかけた会社をなんとかするために社員にカルチャー変革するために課題が与えられた。いままで目先の仕事しかやってこなかった社員は一気発念してネットでググり本屋でビジネス本を買い漁る。そして目新しい思考法を意気揚々とプレゼンしたけど結果は散々で行動が伴っていないことを指摘され心が折れそうになる……。ロジカルに取り組めていないこと、行動が伴っていないことを指摘されまたググり本屋でビジネス本を買い漁り、結果として何も行動できずに調査結果の発表に終始する……

 

なにかを取り組むとき、限られた情報のなかでも意思決定することが重要になる。次に行動をおこしていくなかで選択肢は膨らむ。この膨らんだ選択肢をしぼりこむために情報を収集し判断材料とする。

 

 

これからますます情報が増え続けるなかでせっかくの情報と上手に付き合っていくために必要な考え方が、仮説思考なのです。

 

網羅思考だと情報洪水にあっという間に飲み込まれてしまう。

 

 

仮説思考では失敗を恐れない勇気も必要。

 

 

1.仮説ありきで

 

50代,人生,やり直し,仮説思考

 

まず、仮説ありきで世の中を見渡そう。そうすれば、問題解決のスピードが早くなる。迷わず、答えから考える。今までの常識を疑ってみよう。真面目人間はもう卒業しよう。

 

経験則を作り上げ選択肢の1つにする。これを広げていく。

 

ストーリーを作り上げて行動してみる。

 

経験ありきだけどよく考えて欲しい。あなたの自信はどこからくるのか。何によって持たらされているのか。

 

それはあなた自身の経験からできる。このように大局観を持つことが重要。過去から今、今から未来は繋がっている。

 

そして過去を振り返り未来を決めるのは今のあなた自身なのである。良いものは学習して自分のものにすればいい。そうすればなりたい自分になれる。

 

仮説思考の3つのポイント

 

  • 先見性
  • 決断力
  • 実行力

 

それぞれの要素について解説する。

 

  • 先見性

今わかっている情報で先を読む力であり自分の経験だけに限らず、持っている知識も活用しよう。特にメンターとする人物の成功体験を研究してマネしてみよう。シミュレーションすることで見えていなかった問題や突破口が見えてくる。

 

  • 決断力

決断力は対局感を持つことで予測した情報を判断材料とすることで精度を高まる。予測して決断するループを毎日繰り返すことで問題解決のスピードが加速する。

 

この2つ、先見性と決断力が仮説思考と大きく関わる

 

  • 実行力

考えているだけでは問題は解決できない。目的を持ち主体的に行動する習慣を持とう。これが実行力となって大きな問題にも取り組めるようになる。

 

すべての行動においてストーリーをつくり結果と対策まで立てる。強い問題意識を持ち作業を進め、間違っていれば訂正して進めばいい。

 

仮説は自身の経験値が根拠になるから結果は成長に直結する。

 

 

2.仮説の使い方

 

50代,人生,やり直し,仮説思考

 

答えを持って行動することを心がけよう。

 

問題発見の仮説を立てる

 

ビジネスシーンにおいては問題が明確になっていない。問題解決のために何が問題になっているのか、どんな問題があるのかを明確にする必要がある。このとき網羅的にやると情報の海に呑まれてしまう。

 

問題の仮説を立てて何が問題なのかストーリーを作って実験してみる。その結果からどんな問題が潜んでいたのか検証してみる。

 

有効なのは現場に出向いてインタビューしてみればいい。事実を把握することで五感をフル活用して大胆な仮説を立てることができる。

 

 

問題解決の仮説を立てる

 

問題が見えてきたら次はその問題の原因を明らかにして解決策を立てる。

 

これには他の事例をまねする、とかもともとの意味を考えることがヒントになることがある。

 

具体的には、条件を立てて、しぼりこむ作業になる。

 

仮説を立てて検証するというシステムで事業を進める。ポイントは、問題意識を強く持つ、仮説を立てて検証を毎日繰り返すこと。

 

プレゼンテーションの空(から)パックをイメージして欲しい。分からない部分を空のまま最後まで書き上げて後から埋めていく。プレゼンテーションの資料作成は仮説思考の進め方に近い。

 

思いついたアイデアは名刺一枚におさまるかチェックしよう。名刺一枚のメッセージに表せないアイデアはたいしたアイデアではない。

 

 

3.仮説を立てる

 

50代,人生,やり直し,仮説思考

 

仮説の立て方に定石はない。基本、仮説を立ててから分析に入る。

 

仮説の立て方3パターン

 

分析結果から仮説を立てる

このとき分析の割合は2割。その前にやはり仮説を立てて分析する。分析のなかで仮説を膨らませる。
分析結果するのは将来予測、市場開拓、商品戦略のインプットを得るための情報である。

 

分析結果に自分の知識や経験を掛け合わせて仮説を立てる。

自分の情報をアップデートしたり不足を補うための分析を行う。

 

インタビューから仮説を立てる。

仮説を立てるときに目的を理解する。業界業務を理解して問題を発見したり整理したりして仮説を構築する。目的を整理する。

 

フィールドインタビューは宝の山、考え込むよりインタビューする。ポイントは掘り下げること、インタビューの質問を進化させること。

 

インタビューするときのポイント

 

  • インタビューメモを取る。
  • メモは構造化して自分の頭を整理する。
  • 思いついた仮説と検証もメモする。
  • 他人と情報を共有する。
  • プレゼン資料のベースにする。
  • 定量化すること。

 

ひらめきの3つポイント

 

反対の立場からみる

 

ビジネスであれば3Cであったり、現場の視線からの意見をインタビューすることで気づきを得ることができる。

 

極端に振る

 

思考を巡らせるときに反対側に振ってみたり、両極端に振ってみる。例えば開発するソフトウェアの品質をあげたいとき、外注して自社で作らないとか、既製品を買う。

 

ゼロベース

 

もとからという前提(根本)を覆して様々な起こりうるケースを抽出してみて、非現実なケースを後から外す。思い込みや悪い慣習にとらわれないで判断できるようになる。

 

 

ひらめくタイミング

 

ひらめきはひとそれぞれだが、大事なのは自分のひらめきタイミングを把握しメモする準備をしたりひらめきを誘導する行動ルーティンをつくるよう心掛けよう。

  • ディスカッション
  • インタビュー中、そのあと
  • 突然
  • じっくり考え中

 

良い仮説と悪い仮説

 

掘り下げて状況が発展したら良い仮説といえる。そのためにso whatで掘り下げる。

 

 

4.仮説を検証する

 

50代,人生,やり直し,仮説思考

 

仮説を立てたらその結果を分析してその効果を確認しよう。修正すればまだ大きな成果が得られそうか、まったくの失敗か、失敗したが他にもっとよい方法を見つけられそうか。

 

3つの検証法を解説する。

 

実験

 

セブンイレブンの商品戦略は普段の生活のなかでも目にするから分かりやすい。ペットボトルの配列方法、おにぎり戦略。百円おにぎりを出してみたり、高級200円おにぎりはセブンイレブンが発祥である。

 

ソニーのユーザー刺激型開発も強烈に記憶に残る。ソニーといえばウォークマンという時代があった。このさきがけとなったのはユーザー刺激型開発による。多機種多価格帯のウォークマンを毎週のように市場にデビューさせて他のメーカーを突き放した。

 

ディスカッション

 

打合せで積極的に意見交換してみたり現場に赴いてインタビューしてみるのもいい。社内での恥はかきすてですから仮説をたてて議論する良い機会になります。

 

分析

 

心掛けることはクイック&ダーティーであること、バック ・オブ・エンベロップと呼ばれる素早く処理することである。

 

分析の目的は仮説の検証であり3つのゴールを目指す。

 

  • 問題を診断する
  • 相手を説得する
  • 自分を納得させる

 

あと定量分析を心掛けることが重要である。定量分析の方法として比較する、差違を調べる。時系列に並べかえたり分布図を示す。一見、差が見えてこないときには因数分解してみることで見えていなかった一面が見えてくるものである。

 

 

5.仮説思考力を高める

 

仮説思考で問題を発見できたり、解決できたりすると成果を得るまでの時間が短縮できるだけでなく、ビジネスチャンスが広がる。

 

提案が早くなることは顧客とのコミュニケーションコストを低減できて結果として信頼につながる。

 

仮説思考を高める取り組みについて考えてみよう。例をあげるとこんな感じだ。

 

  • ニュースに対して、so?what?を考える
  • なぜを繰り返す
  • 将来どうなるかの仮説を立てる
  • ひとり2役する
  • 相手の立場で考える。職場では2つ上の役職の視座で考えて行動する

 

 

50代から人生やり直しできる仮説思考まとめ

 

50代,人生,やり直し,仮説思考

 

仮説思考は効率アップを図ることができる。

 

とはいえ、いまいちピンとこないのが仮説思考なんですね。要するに始める前にストーリーを作ってゴールを意識することを心掛けるってことなんです。そうすることでPDCAをまわしやすくなるんですよね。この辺りはぼくが実践編として記事にまとめていますので、そちらを読んでもらったほうが理解できると思いますので、そのあとこの記事を読み返すことで、なるほどねってなるんじゃないかと思いますので、ぜひ寄り道していってくださいませ。

 

 

仕事の質があがり、意思決定の質があがる。
仮説と検証を繰り返すことで仕事の質、意思決定の質があがる。たとえ情報が不足していても解決策を模索できる。仮説思考は科学であり、全体像から入って細部を見ていくことで最短距離でゴールまでたどり着く手法である。

 

先をよむ力、先見性と決断力がレベルアップする。

 

仮説と検証を毎日繰り返すことで失敗と判断される前に正解を見つけ出す能力、すなわち行動力が高まる。先見性の招待はストーリーを作り上げるデザインのスキルであり、決断力はスケジュール能力となる。

 

仮説思考は仕組みに基づき仮説と検証を繰り返す手法である。

 

 

 

2020/7/17 公開
2021/4/3 更新

 

 


関連ページ

キミに習慣と思考法が必要な理由
アイデンティティーはキミが持つポリシーに裏打ちされた人物のこと。もしキミがポリシーなんて必要ないって考えているなら教えて欲しいことが1つだけある。キミは夢を持っているかい?夢のない人生なんてつまらなくないかい。せっかくなら夢を追いかけよう。夢をかなえるために必要なポリシーのことをMISSION(ミッション)って言うんだ。MISSION(ミッション)を育てて、ビジョンと目標にブレークダウンしたキミの夢を掴み取らないかい。
7つの習慣でキミの人生が変わる
「7つの習慣」はキミの人生を豊かにするためにボクたちの状態を、依存・自立・相互依存と成長させてくれる。 はじめの3つの習慣「主体的になろう」、「ビジョンを持とう」、「重要なことからやろう」【これは】依存→自立へと状態が変わる。つぎの3つの習慣「Win-Winになろう」、「相手を知ろう」、「シナジーを得よう」【こちらは】相互依存の状態に導いてくれる。そして最後の7つめの習慣「自分を磨こう」【PDCA】6つの習慣を持続し成長しつづけることを示してくれる。
複利で伸びる1つの習慣
『人生を変える習慣』の知識をインプットして、実践方法まで学べるのが、複利で伸びる1つの習慣です。最小習慣で、たとえば、1日1%アップを積み上げていけば、1年後には、3780%が保証されるわけです。いまのキミが持っている実力値が37.8倍になるという超お得な情報なわけです。つまりキミもスーパーサイヤ人になれるっていうこと。
脳科学で習慣を変える
「人間の取説」とはよく言ったものだと感心させられました。_脳科学で得た知識により、脳を知れば知るほどに納得です。_こんな素晴らしい情報は、まき散らさないと人類の損失になる。_そう思ってます。
瞑想の習慣をおすすめ
瞑想を習慣化して、毎日脳をリフレッシュすることをおすすめします。くよくよ、イライラがなくなり体調も整います。体と心のメンテナンス効果がある上にさらに記憶力や発想力が向上して脳の能力アップに効果を発揮します。
ビジネスで習慣にしたい心掛け3ヶ条
ビジネスマンとしての自覚もないサラリーマンは習慣には興味も示さない。時間をムダに浪費し悪習慣を撒き散らす。嫌われる勇気を発揮しビジネス習慣に従いビジョンを目指す人を応援します。いっしょにがんばりましょう。
習慣を変えるコツ
習慣を変えるコツが分かってしまえば人生は確実に変わりますよ。え?難しいんでしょって思いました?習慣を変えるコツはたった2つです。アイデンティティーとアルゴリズム4工程が分かれば9割9分OKです。
思考法まとめ
思考法というのはビジネスシーンだけではなく、日頃の生活の中においてもさらに人生を幸せにするためにも必要な基本的な考え方になるんです。だから思考法を知らない人は様々なトラブルにあっても右往左往するだけで問題解決できないまま不幸を背負っていくばかりの損な人生を歩むことになるんです。耐えるだけが人生ではなく幸せは自ら問題を切開いて招き寄せることを教えてくれるのが思考法なんですね。
人生やり直し40代からのロジカルシンキング
2001年に初版発行のロジカル・シンキングを今更ながら読み解きました。その心は、まだまだロジカルシンキングできていない人は多いから。そしてちょっと学習するだけで身につけることができるから。そうすれば人生を変えることができるから。
イシュードリブン
やるべきことが1/100になる。問題を解決する考え方として話題になった思考法です。ロジカルシンキングと比べられたりしていますが仮説思考の実践形です。問題に対するアプローチをイシュードリブンと明確にして科学的に説明しているため具体的で理解できます。
感性ポテンシャル思考
日本文化は感性が豊か過ぎるために日本人は感性を持て余している。感性を神格化しすぎているのか感性に訴えた発信には臆病でビジネスチャンスを逃している。この点に注意するだけで日本では成功できる。
SISUで(幸福度×効率)アップ
日本が働き方改革をおこなった理由はこれまでの社会構造を維持できなくなるから。 抜本的な改革が必要だったからだけど成果はあがっていない。 時短ばかりがピックアップされて経済がしぼみ始めている。 しかもこのコロナ不況で壊滅的なダメージをうけて日本社会は破滅するかもしれない。 その3本柱をなんとかできるのが 「SISU」。 この「SISU」について解説したい。
予祝で成功する理由
日本古来からある前祝のこと。_大きな仕事を始めるまえに、成功を誓う意味合いのもと宴を開いたりすることです。_ただ皆で呑んで騒いでいるだけでは意味はないですよ。_始めるまえに成功体験してしまうことが大切なんです。_重要なのは、脳に強烈な成功体験をイメージさせること。_成功体験の一環として祝賀会までやるっていう発想です。
自己肯定でビジョンを実現する方法
自己肯定力は言い訳知らず。 本音はみんな自己肯定。 楽しいと感じるのは誰? 悲しいのは? 辛いのは? 苦しいのは? 自分の問題でしょ? じゃあなりたい自分を目指して頑張れない? この世の中にはチャンスとチャレンジしかない。 自己肯定力を復活させましょう。
想いを叶える基本法則
世界を変える! 政治もそうだし、起業家も同じです。 国に仕えて国政を正すこと、ビジネスを起こして社会に貢献することも、世界を変えることに通じています。 そんな大事を起こすとき、成功するための基本を説明しております。
メタ認知で人生逃げ切り脳
脳科学の進歩は人間の可能性を無限大にしてくれます。_なぜなら、いままで気づけなかった自分の秘めたる能力を教えてくれるから。__自分への質問のコツをつかむだけで、人格が変わっちゃうくらい、思考が高まります。_本を読むだけでは変わらないですよ、まず変わりたいと思うことからです。_私と一緒に変わりましょ♪
人生激変するちきりん式思考法の習慣
有名ブロガーちきりんさんの思考は天才的でマネできないと怖気づくほどパワフルです。ちきりん式思考法を習慣化して簡単に人生を変えちゃいましょう。無理じゃなくやってみればできるもんなんですってば。
ホリエモン思考でホリエモンボット
こんな誤った教育や慣習にハマってないですか?趣味を仕事にしたら人生がつまなくなる。学校に行ってればなんとかなる。まじめに仕事をしていればなんとかなる。素直に楽しく生きよう。
人生やり直したい20代のThinkClearlyツイート
ThinkClearly最新の学術研究から導いたよりより人生を送るための思考法の全52項目をあなたのツイートに取り入れてみませんか? アウトプットすることで良いインプットが得られます。これであなたの人生もよい方向に進むこと間違いありませんよね?
人生は自分でドライブしよう
習慣化を変えてビジネスを成功に導く。他責思考から脱却して人生をドライブできる能力があると知ろう。ビジネスで必要な情報編集力を学習し習慣化すること。情報編集力はビジネスで必要なコミュニケーション、ロジカルシンキング、シミュレーション、ロールプレイ、プレゼンテーションの5つの力で構成する。この情報編集力を習慣化して人生をドライブできるビジネスを手に入れよう。
おすすめセルフコーチング習慣
習慣としておすすめがセルフコーチングです。自分自身へ語りかけ、自問自答することがセルフコーチングです。これってみなさん何気なくやってますよね。それを意識してちょっとしたコツを知ることで、人生を変える習慣にできるんです。
プロから学んだ問題解決の方法
PDCAをまわす、仮説思考など、ビジネスフレームワークに関する情報は、世の中に溢れています。_本を読んでも、ググってみても分かった気にはなってるだけ。_すぐに行動に移すことが必要なんです。_私も頭でっかちになりがちなので、記事にアップし毎日スマホ画面を見ながらPDCAを廻してみようと思い、作成してみました。_みなさんもご一緒に、いかがでしょうか?
高収入より利他の心で起業の道
自己中心的な人と仕事をしていて楽しいですか?_利己的な人は、他人のてがらを横取りしてしまうかもしれいない。__もう自分勝手な人には近づかないほうが良いかもしれません。_あなたの心が汚れ疲弊してしまうかもしれない。
休日料理でリフレ脳トレ
あなたのストレス解消法はなんですか? 「料理」と答える人も少なくないはずです。 私もそのなかの1人です。 いくつもの材料を組合せ、成果をあげる達成感も味わえます。 また脳科学で、料理をすると脳が活性化することが実証されています。 ストレス解消ができ、脳トレ効果まである料理。 週末のルーチンとしておススメです。
ヴァカンスとシステムD
アムールはフランス語で愛情を意味します。 アムールを深く追求し、良いところを取り込んでいます。 そのなかで、人生をいかに、美しく楽しく生きることができるか。 この考えが大事であることに気づかされました。 自立心と、困っている人は助ける。 この二面性。 個人主義であれ。
スキマ時間のアプリ活用方法
ビジネスマンやってると会社の都合に振りまわされて、一週間なんてあっという間に過ぎちゃいます。 そして一週間を振りかえると、あんなにがんばったのに、満たされない現実。 副業する時間もつくれない。 ストレス発散するためにお酒を呑んじゃう。 そのまんまじゃ会社にすがって生きていくしかなくなっちゃいます。 毎日のスキマ時間に作業を積み上げて、週末のまとまった時間で成果をあげる。 結果を残すことでモチベーションもあがる。 そんなグッドサイクルを作ってみませんか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム プロフィール 習慣 副業